盗聴器発見の調査を企業でおこなう時期と頻度について

盗聴器発見調査の時期と頻度

盗聴器発見調査では、どういった時期におこなうか、またはどれぐらいの頻度でおこなえばいいのかといった点が気になる人もいると思います。
個人の場合、時期なら「今すぐに」と思う人がいますが、企業だと「今すぐに」盗聴器発見調査を行うことは難しいでしょう。
部署ごとの調整であったり、従業員に対する理解、調査にかかるコストなどですぐに調査を行うことができるとは思えません。

 

また、頻度について、個人宅では調査範囲もそんなに広くないため、数千円の盗聴器発見機を購入して簡易調査を日常的に行うことだってできます。
しかし、企業の場合だと調査範囲は広くなりますし、簡易調査だけでなく本格的な調査も定期的におこないたいと思う企業は多いはずです。

 

この企業がおこなう盗聴器発見調査で時期と頻度では、どれが正解というものはありません。
時期に関しては、社内で盗聴器発見調査の準備ができてからになりますから、従業員へのフォローにかかる時間も従業員の人数によって違ってきます。

 

頻度では、ビルひとつまとめておこなうのか?それともオフィスごとにおこなうのかでも調査頻度も、かかるコストも違いが出ます。

 

どのような調査の時期と頻度がいいのか、まずはそこを明確にしておく必要があると思います。